伝わりやすい言葉を選んだり、場に適した言葉を使うことは、大切なことです。でも、それが行き過ぎると、本当に伝えたいことがわかりづらくなったり、何を言いたいのかが見えなくなります。

いつも元気で明るく笑顔でいたい。そう思っていても、落ち込むこともあるでしょう。そんな時、とことん落ち込むことが逆に元気を早く取り戻すきっかけになるかもしれません。

ついつい一言多くなってしまう、言わなくてもいい一言をつけ加えて後悔する…そんな経験はありませんか?とっさの一言は、自分が思うよりも、意外と尾を引いてしまうことがあります。その言葉を、いったい何のために発するのか、一度考えてみませんか?

8月26日土曜日に、コミュニケーションエナジー東京セミナールームで特別講座を開催しました。「未来を作り出す習慣~今やるべきこと~」というテーマで、湯ノ口代表が熱く語りました。全部を紹介することはできませんが、エッセンスを少しお伝えできればと思います。

赤ちゃんが、他の赤ちゃんの泣き声を聞いて泣き始めた。そんな場面に出会ったことはありませんか?感情・気持ちは、自分だけでなく他人に伝わっているんです!

私たちは、意識しないと、なんとなく1日を過ごしてしまいます。日常にちょっとしたスパイス(刺激)を加えてみると、ワクワク感や、アイデアにつながるかもしれません!

「コミュニケーションが苦手です」と言う方の多くが、会話の悩みをお持ちのようです。「会話が続かない」「会話が弾まない」そんな悩みを軽くする、3つのポイントをお伝えします。

皆さんは「TEFCAS」という成長サイクルをご存知ですか?「TEFCAS」とは、マインドマップというブレインストーミングの手法を考案したトニー・ブザン氏が提唱している学習サイクルです。

隣の知らない人の話がうるさくて集中できない!そんな経験、ありませんか?