header-img.jpg

アークビルサービス株式会社様

社内勉強会で業務パフォーマンスが改善

アークビルサービス株式会社様にインタビューを行いました。業務パフォーマンスが改善された経緯や、「人材育成」に関する取り組み・ビジョンをご紹介します。

アークビルサービス株式会社
代表取締役社長 田中正吾様

業種
サービス業
エリア
東京、神奈川、埼玉、千葉

抱えていた課題

  • 社員に「自主的に考えて働く」思考を持ってほしいが、どうすればそれを育む社風になるか
  • いかに上司となる社員が新卒の新入社員に教育をするか

実践したこと

  • 自ら「人材教育」の研修を受けた中で、効果があると思ったものを、社員に受けてもらった
  • 社員にそこで学んだことを社内勉強会で発表してもらうようにした

どのように変化したか

  • 人材教育の大事さと、「人のために仕事をする」という仕事観が社内に定着
  • お客様に満足してもらえるパフォーマンスが出せるようになった
  • 社員が自分たちから率先して、コミュニケーションをとるようになった

抱えていた課題

弊社、アークビルサービスは、主にビルの清掃やメンテナンスを行っています。私が創業した当初から、社員には、受け身ではなく「自主的に考えて働く」という思考を持って欲しいと思っています。この業界に就職する人の大半は、献身的で優しい方なので、そういった皆さんが、どうすれば率先して冒険をする思考をもてるか、また、どうすればそれを育む社風になるか、試行錯誤をしていました。

また、7,8前から新卒を採用し始めました。そのときに、いかに上司となる社員が新卒の新入社員に教育をするか、また、組織全体が切磋琢磨できるものにできるか、という課題意識を持っていました。

代表取締役社長 田中正吾様

実践したこと

わたしが個人的に社外で「人材教育」について勉強したもので、効果があると思ったものを、社員にも受けてもらっています。そして、そこで学んだものを社内勉強会で発表してもらっています。私から人材教育や組織論について伝えても、社員は「社長が言うこと」と内容もちゃんと理解されず、あまり社内にも定着しません。しかし、例えば隣でいつも仕事をしている普段はおとなしいAさんが、社外で勉強をした後、人材教育についてプレゼンをします。すると、みんな理解度も上がりますし、なにより、「すごいぞ」というワクワクした空気を肌で感じて、社内の雰囲気がすごく良くなります。そして、その雰囲気が段々と「社風」へと変わっていっています。

勉強会の様子

どのように変化したか

私は、人材教育の大事さ、そして、「人のために仕事をする」という仕事観の尊さを学んでから、それらを社内に定着させようしてきました。そうすると、それに合わない人は自然と離れていくようになりました。そして、そこに共感してくれる社員が残り、さらに、新しい人も集まってくるようになりました。「人のために仕事をする」と考え方が根底にあるので、業務のどの場面でも、お客様に満足してもらえるパフォーマンスが出せるようになってきていると思っています。

実際に、ビル清掃のクレームの数が激減しました。弊社は仕事柄、掃除をやっていただくパートの方を多く抱えていますが、この結果は、彼ら彼女らに対して、社員が、自分たちで率先して、コミュニケーションをとるようになったからだと考えています。普段の密なやりとりはもちろんのこと、年に一回、パートの皆さんをお呼びしてセレモニーをしますし、毎月パートさんに向けて広報誌を出しています。また。暑い時には、冷えたタオルや、塩アメなんかも支給しているようです。

アークビルサービス株式会社様

また、お客様から、メンテナンスのお問い合わせをいただいたときに、社員が詳細なヒアリングをします。そして、その結果から、メンテナンスのプロとして、各々のケースに適正なサービスと価格を提供しています。うちの売上が上がらなくても、お客様のため、「1ヶ月毎ではなく、2〜3ヶ月で、しっかり綺麗に保てる」とアドバイスさせていただくこともありますし、また逆に、費用だけを考えているお客様には、「それでは安定したメンテナンスをすることができません」とお断りすることもあります。その結果、遠方からわざわざ、うちを信頼してくださり依頼されるお客様も多くいます。

そして、会議でも私の発言回数も変化しました。前は、私ばかり話して社員は頷くだけの会議でしたが、人材教育を通して、徐々に皆、「お客様のためにこうしたい!」と話すようになり、今では、会議中、私はほとんど話していません。それよりも、社員の話す前向きな言葉が聴けてとても嬉しいです。

今後のビジョン

アークビルサービス株式会社様

ビル清掃は、よく言われる「3K(汚い、きつい、危険)」の職場です。だからこそ、お客様は、自分たちのそういう場所を任せられる安心感のある業者を求めていますが、現状、そう多くはありません。どうしてもネガティブな想いを持って清掃業務に取り組む人もいますが、そういった人たちに、人材教育を通して、この仕事のやりがいを改めて感じてもらい、活き活きとして欲しいです。また、彼ら・彼女らを取り巻く環境も、ネガティブな想いを掻き立てる原因になっているので、清掃業界そのものも健全になるように、まわりの人たちが自然と教育され、見る目が変わるような施策をとっていきたいです。